アスリートマネジメント業務
コンサルティング業務

アスリート、ブランド、ファンのパートナーシップを実現(Win-Win-Win)

アスリート

エギ・マウラナ・ヴィクリ(Egy Maulana Vikri)

「インドネシアのメッシ」と呼ばれ、スロバキア・スーパーリーグ「FK Senica(FKセニカ)」に所属しているインドネシアのサッカー選手です。

サーディ・ラベナ(Thirdy Ravena)

フィリピンバスケットボール界のスターであり、ファッションアイコンでもあるサーディは、Bリーグ「三遠ネオフェニックス」に所属しており、フィリピンのバスケットボールシーンにおいて大きな存在です。

河村 勇輝(Yuki Kawamura)

Bリーグ「横浜ビー・コルセアーズ」に所属するバスケットボール選手で、2020年にはBリーグ最年少で出場、得点を記録しました。

馬場 雄大(Yudai Baba)

オーストラリアNBLの「メルボルン・ユナイテッド」に所属するバスケットボール選手で、2019年にはBリーグ出身者で初のNBA契約選手となりました。

町田 瑠唯(Rui Machida)

町田 瑠唯選手はWリーグ(バスケットボール女子日本リーグ)の「富士通レッドウェーブ」に所属し、2022年2月には、WNBA(米女子プロバスケットボールリーグ)の「ワシントン・ミスティクス」と契約し、同リーグでの活躍が期待されています。

堀米 雄斗(Yuto Horigome)*

堀米 雄斗選手は「2020年東京オリンピック スケートボード 男子ストリート」や「2022 X Games Chiba Presented by Yogibo」においても金メダルを獲得したプロスケートボーダーです。

* Managed by Polyvalent

Toews Kai

2022-23シーズンは、「滋賀レイクス」とのシーズン選手契約を締結しており、「FIBAバスケットボールワールドカップ2023 アジア地区予選」や7月12日(火)からインドネシアのジャカルタで開催される「FIBAアジアカップ2022」の日本代表選手にも選出され、注目を集めています。

King Kai

「横浜ビー・コルセアーズU15」に所属し、「第97回関東大学バスケットボールリーグ戦」では優秀選手に選出され、「第73回全日本大学バスケットボール選手権大会」ではチームを4位に導き、優秀選手にも選ばれました。

Takuhiro “Pipi” Nakai

中井選手は「レアル・マドリード」と契約した初めての日本人選手であり、サッカー界で最も優れた若手選手の1人として高い評価を得ています。

岡田 大河

岡田選手はスペインプロリーグEBAにおいて、日本最年少でプロデビューを果たしました。現在はZentro Basket Madrid のセカンドチームであるSun Chlorella Dragons (EBA)に所属しております。

北山 博仁

11歳にして、昨今のスノーボード界で最も注目されている選手の一人です。

10歳の時に、JSBA 全日本スノーボード選手権大会のスロープスタイル ジュニア男子の部(U-18)で自身初の全国優勝。

2022年には、年齢制限のないオープン男子の部で4位にランクインしました。

武本 紗栄

世界レベルの技術を持つやり投選手の1人として期待を集めています。

2022年には、「第106回 日本陸上競技選手権大会」において3位入賞を果たしたのち、「第18回世界陸上競技選手権大会」に日本代表として出場し、11位に入賞しました。大学では、「2021日本学生陸上競技個人選手権」において、自己ベストである62m39(日本歴代4位)を記録し、優勝を果たしました。